4eb00033b74b19e1f851f3940ed6b0a0_s

交通事故で被害者が注意すること

交通事故に遭遇し当事者になってしまい、自分が被害者になってしまった場合どのようなことに気をつければよいのでしょう。特に注意しなければならない点をまとめてみました。

その場で示談しない

交通事故現場では、示談交渉をしてはいけません。稀に、交通事故が発生した場合、警察を呼ばずにその場で示談して決着させてしまうケースがあります。

加害者側から修理代などを支払うからここで解決してほしいなどと頼まれるケースも時にはあります。しかし、交通事故現場で示談が決着してしまうと、本来請求できる賠償金などが請求できなくなり、被害者側が損をしてしまう可能性が高いのです。

交通事故直後は、混乱のため痛みが感じにくく、どのようなケガをしているかわかりません。また、万が一後遺障害が残った時に、その賠償金について請求ができなくなります。

交通事故現場では、たとえ加害者にどんなに頼まれてもきちんと警察を呼び、自身の保険会社に連絡して支持を仰ぎ、示談に応知ることなく、書類にサインなどはしないように注意しましょう。

必ず病院で受診しましょう

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_s
交通事故直後には、パニックや混乱により痛みなどの感じないことがあります。しかし、数日後に痛みやしびれなどの自覚症状が現れることも多いのです。

ところが、交通事故直後に病院で診断を受けていないと、交通事故から通院までの間に日数が経過していることになり、加害者側の保険会社から事故に起因するケガであると認められずに、賠償金を受け取れなくなるおそれがあります。

整骨院などではなく医師のいる病院に行きましょう

38b77f833b57102926f1ce5103397b2e_s
交通事故でケガをした場合、治療が必要です。ケガの状態によっては入院治療をすることになりますし、入院が必要でなければ通院治療をします。これらの入通院の期間に応じて、受け取流ことのできる入通院慰謝料の金額などが変わってきます。

また、整骨院などだけではなく、必ず医師のいる病院に行きましょう。病院は医療設備が整っているうえ、投薬治療を受けられます。

まとめ

交通事故の被害者になった場合は、その場の示談で決着せずに警察へきちんと連絡し、自身の保険会社の指示を仰ぎましょう。ケガをしていた場合など、本来受け取ることのできる賠償金がもらえず、結果的に損をする可能性が高くなります。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です