29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

被害者になった場合の示談交渉

交通事故に遭遇し被害者になった場合、加害者に損害賠償を請求することができます。ここでは弁護士に示談交渉を依頼し、損害賠償請求をするための基礎知識を解説します。

被害者側も積極的に行動する必要があります

交通事故で被害者になってしまった時、何もしなくても加害者側から補償してもらえると思っていたらそれは大間違いです。

自分から積極的に行動していないと納得できる損害賠償を受け取れないかもしれません。交通事故の被害者が、納得のいく解決を望むのであれば、弁護士への相談など、自らが動く必要があるのです。

どのような請求ができるのでしょうか

7f5be9bb8256250e13322fe3312b0311_s
まずは治療費、付添看護費、入院雑費等、入通院慰謝料など治療などにかかる費用です。実際に通院したりするのに要した費用などです。また、ケガなどによる精神的、肉体的苦痛を賠償する慰謝料も請求できます。

次に休業損害です。ケガなどにより、休業を余儀なくされた分の給与に相当するお金です。専業主婦や失業中の方も請求することが可能なので、休業損害はよく知っておきましょう。

そして、後遺障害による逸失利益というのがあります。後遺障害が残ってしまい、本来であれば得られることができたはずの利益に対する逸失分の賠償です。
後遺障害が残ってしまったことによる精神的苦痛などに対する慰謝料も請求できます。

加害者側の保険会社のいいなりにならないために

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_s
交通事故の被害者は、多くのケースで加害者側の保険会社の担当者に提示された支払いを受けています。そして加害者側の保険会社が言うとおりに示談書に押印してしまいます。

提示された金額が妥当性の判断がつかないためにそのような結果になってしまいます。そして保険会社は示談交渉のプロなので、言いくるめられてしまうのです。

まとめ

このように示談交渉のプロである、保険会社に言いくるめられてしまうと、素人は対抗手段がありません。保険会社のいいなりにならないためには、やはり弁護士の力を頼るのが一番の近道です。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です