99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s

主婦が交通事故で家事が出来ない…そんな時は休業損害を請求しましょう

専業主婦の方で、家庭の家事をしている人の場合は家事という仕事に従事していると見なされます。そのため、当然家事を休んだ分は休業を余儀なくされたということで、休業損害として認めてもらい、その分の損害は保障されます。

休業損害とは

交通事故に遭遇した際に、賠償を請求することができる損害として、「消極損害」というものがあります。これは,交通事故に遭遇しなければ得ることができていたはずの収入等(広い意味での逸失利益)を損害として定義するものです。

この消極損害の1つとして,「休業損害」というものがあり、交通事故に遭遇した際の傷害により、休業を余儀なくされた場合に、本来休業がなかった場合に得ることができたはずの収入や利益などを損害として、賠償請求ができるというものです。

家事に従事している場合の休業損害の算出方法

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s
専業主婦の休業損害は、賃金センサス(毎年政府から発表されている業種、性別、年齢別の賃金表による平均賃金)の女子労働者の全年齢平均賃金を基に算出すべきであるという判決が最高裁で出ています。(昭和50年7月8日)

例えば平成23年の場合の女性労働者の全年齢平均賃金は3,559,000円になり、3,559,000÷365=9,751円ということで1日当たりの休業損害は9,751円になります。

保険会社との示談交渉では

ab2556a3998e0d13dabf56980cf21176_s
しかし、実際に保険会社と示談交渉を行うと、1日5,700円の提示を受けることがあります。これは自賠責基準の金額なのですが、保険会社はとりあえず5,700円の提示で相手の出方を探ってきます。

しかし、本来は平成23年の例でいえば9,751円を受け取れる可能性があるわけなので、保険会社との示談交渉の際は、相手側の言いなりにならずに、最高裁の判決を持ち出してこちらの意見を主張しましょう。

まとめ

裁判にすれば増額を見込める可能性もありますが、裁判にかかる労力や時などを考えれば、主婦(家事従事者)のそこまでするメリットはあまりないように思います。しかし、しっかりと休業損害を勝ち取るためには、弁護士に相談するメリットはとても大きいのです。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です