23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

損害賠償請求権には時効が存在する

交通事故の示談交渉の進めるにあたり、加害者側は一刻でも早く決着を付けたい、しかし被害者側はじっくりと漏れのないように進めたいというのが普通です。

示談の合意を急ぎたい加害者

交通事故の加害者は、示談の合意を急ぐ傾向が見受けられます。また、加害者が加入している任意保険の保険会社も、加害者側が支払うべき示談金の額がなるべく少なくなるよう、示談の早期成立を急がせます。

一般的に、長期の治療が必要なケガの場合は、早期に示談金を確定させなければ、治療費は増えていく一方ですし、新たな後遺障害が出た場合、当然慰謝料の金額も増えてしまいます

示談はゆっくりと行いたい被害者

55a95417264c101119cc88b7018999eb_s
逆に被害者は、事故後すぐに症状が現れない後遺障害がある可能性も考慮して、急いで示談を成立させることを望みません。

示談は一度成立させてしまったら、新たな費用が必要となったり後遺障害が現れたりしても、合意内容以上の示談金を受け取ることはとても困難だからです。

しかしながら、じっくり時間を費やして示談交渉を行うことは、被害者にとって良いことですが、必要以上に時間をかけ過ぎると、損害賠償期間の時効を迎えてしまいます。

示談交渉の成立には被害者と加害者の合意が必要ですから、示談交渉のタイムスケジュールを確認しておかないと、交渉ができなくなることがあります。

損害賠償請求権の時効は3年

908431ae42a3221d7884519473d99b6f_s
損害賠償請求権には、時効があります。交通事故の場合、損害賠償請求権は被害者が損害を受けた時点を起算点として、3年間とされています。

加害者による保険会社への請求も、自賠責、任意保険とも3年の期限が定められています。しかし、運転手は交通事故後すぐに保険会社への連絡をするので、加害者側はあまり時効を気にすることはありません。

まとめ

ひき逃げ等、加害者が不明でない交通事故のケースでは、損害賠償請求権の時効は3年となります。被害者側はゆっくりと示談を進めたい気持ちになるのは理解できますが、時効について注意が必要です。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です