7f5be9bb8256250e13322fe3312b0311_s

交通事故の被害者が知っておくべき慰謝料増額方法

慰謝料とは、交通事故の被害者が加害者側から支払いを受けることのできる損害賠償金全体の中の一部で、事故によって受けた損害のうち「精神的損害」に対する賠償金を言い、大別すると、「入通院慰謝料」「後遺症慰謝料」「死亡慰謝料」などがあります。

慰謝料の基準と計算方法

では実際に被害者は加害者にどの程度の慰謝料を請求することができるのでしょうか。交通事故に遭遇した場合、慰謝料の金額はとても重要です。どのような場合でも、慰謝料という名目の損害賠償金で、最終的に示談を成立させることになるからです。

しかし、慰謝料は迷惑料のようなものです。どの程度の金額を請求するかは、被害者や遺族の心情似寄るところになります。それでは加害者との間で折り合いが付かないことが予想されますので、交通事故の損害賠償額については、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準(弁護士基準)の3つの査定基準が用意されています。

実は、損害賠償額はどの基準で査定されるかによって金額が大きく違ってくるのです。金額が少ない順に並べると、自賠責基準<任意保険基準<裁判基準(弁護士基準)となります。今回は、最も高額な損害賠償金が期待出来る裁判基準(弁護士基準)について見てみましょう。

加害者側の保険会社の対応

11199698a95bfded7b011e3bebafd912_s
加害者側の保険会社は、自賠責保険基準などで示談してきます。被害者単独で、弁護士規準で交渉したところで、加害者側の保険会社は相手にしてくれません。

しかし、交通事故に強い弁護士は、弁護士規準(赤本規準)をスタートラインとして交渉します。弁護士基準の慰謝料は、訴訟を起こすという前提で示談交渉をします。

慰謝料増額のためには、弁護士に依頼しましょう

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s
裁判基準による計算は、被害者(または遺族)が行うのではなく、弁護士が行います。一番安い自賠責基準に比較すると2~3倍近い損害賠償額を受け取ることが期待できます。

無料相談、後払い(成果報酬型)、任意保険の弁護士費用特約の活用などを利用して、きちんと交通事故に強い弁護士に相談するようにしましょう。

まとめ

加害者側の保険会社は支払う費用を低く抑えようとします。些細なことでも疑問がある場合は交通事故に強い弁護士に相談をしてみましょう。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です