42d297ebffe7f62fc0ebe73b8a1a4901_l

交通事故被害者、損をしないためには

交通事故で万が一被害者になってしまった場合、混乱してとするべきことがわからなくなるということがあると思います。事故後の行動を誤ったために、損をしないようにするためにはどうすれば良いのでしょう。

交通事故で被害にあった時にまずすべきこと

加害者からの報告は当然の義務です。特にケガを負った場合は、人身扱いとして被害者側からも警察に届け出ることが重要です。

次に、加害者についての情報も色々と確認が必要となります。加害者の住所、氏名、連絡先や加害者側の自賠責保険(共済)、任意保険の会社(組合)名、その証明書番号、加害車両のナンバーなどは必ず確認しましょう。

また、目撃者がいるようであれば、加害者側とのトラブルになった時のために、氏名、連絡先などを確認して、いざという時に証言してもらえるようお願いをしておきましょう。スマートフォンや携帯電話を持ち合わせている時は、自分でも事故現場の画像を記録しておくことも大切です。

交通事故の際にケガを負った可能性がある場合は、どんなに軽症でも、速やかに医療機関にて医師の診断を受けましょう。

自分が加入している保険会社に連絡する

3f20ca8096fb0492954d930fc743a70d_s
警察に連絡をしたら、自分が加入している任意保険の保険会社に、交通事故に遭遇したことを連絡しましょう。

保険の内容によっては、自分の加入している保険会社に治療費の支払いや示談交渉を弁護士に依頼したときの費用(弁護士費用特約)の支払いを受けられる場合もありますので、保険の契約内容を確認し、どのようなに手続きを進めればいいかを確認してもらいましょう。

示談交渉の流れ

c53aa7b5da99dca4902d7ae63adb0738_s
加害者が加入している保険会社は、被害者側から請求した金額をその通りに支払ってくれることはあまりありません。

被害者単独で保険会社と対等に示談交渉をするのは、なかなか困難なことです。そのような場合は、交通事故について実績のある弁護士に相談することが示談交渉を速やかに解決する近道かもしれません。

まとめ

交通事故に遭遇した際には、きちんとすべきことを行わないと、特に被害者の場合は損害賠償などで損をしてしまう場合があります。気が動転してしまうかもしれませんが、最低限の手順は意識しておきましょう。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です