29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

【交通事故の慰謝料で泣き寝入りしない】そうだ、弁護士に依頼しよう

交通事故の慰謝料、示談金なら交通事故に強い弁護士に解決してもらうのが一番です。示談交渉において、決してあなたに損させることはないでしょう。

示談金(慰謝料等)の増額交渉なら弁護士へ

交通事故の損害賠償額には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3種類があり、加害者側からの示談金学の提示は、自賠責基準もしくは任意保険基準等比較的低い金額から始まります。一般の人々にとってその金額の妥当性を判断するのは難しいことです。

弁護士が間に入ることによって、示談の際の基準が裁判基準(弁護士基準)に変わります。基準が変わることによって、より高額な示談金を受け取ることが期待できます。

示談内容が不安な場合は示談交渉前に弁護士へ

3d194f227e0ea4020f722971e84596a0_s
敷居が高く感じて、示談書の確認だけで弁護士に相談するのはどうしても気が引けてしまうと思われる方もいるでしょう。しかし、示談書チェックだけでも弁護士は相談にのってくれます。

示談書を一旦取り交わした場合は、その示談内容を覆すことは不可能です。漏れがなく完璧な示談書を取り交わさなければなりません。

弁護士に相談すれば、漏れやミスもない示談書で交渉に臨むことができます。

を弁護士は病院や整骨院への通院のアドバイスもしてくれます

394901e1acdfe7a00a97a420031a6342_s
交通事故の実績が豊富な弁護士は後遺障害認定の際経験や知識も豊富に持っています。保険会社の対応によって、被害者側がどのような行動をすべきかのアドバイスが可能なのです。

保険会社によっては早期に治療を打ち切ろうとするケースがあります。このような時に治療を継続したい場合は弁護士に相談してください。後遺障害の認定を受けるためのどのようにすれば良いのかアドバイスをしてくれます。

交通事故や医療に精通した弁護士の中には、医師より症状の説明がうまい弁護士もいます。また最近では、骨模型や人体模型を置いている事務所も見受けられます。

まとめ

自分で示談交渉や各種手続きを行うとかなりの労力と時間を要します。弁護士は当然、交渉、裁判実務に仕事としているので、なかなかまとまらない示談交渉でも早期解決が期待できます。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です