bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

交通事故の慰謝料と弁護士費用

交通事故が起きて万が一被害者になった場合、加害者側は保険会社などが示談金交渉をします。保険会社はそのような交渉などにとても手慣れており、百戦錬磨のプロたちなのです。

慰謝料以外にもらえるお金

交通事故の被害者には、加害者側の自賠責保険と、任意保険から保険金(慰謝料、損害賠償金、示談金)受け取ることができます。そのほかにもあまり知られていませんが、加害者側の自動車保険以外にも、交通事故の被害者がもらえる保険金があります。

被害者側も任意保険に入っていたら、その保険の内容を確認してみましょう。もし、あなたの保険の保障内容に搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、無保険車傷害保険などが入っていれば、あなたの自動車保険からも保険金が受け取れる可能性が高くなります。

すべての保険金を回収するには困難で労力もかかります

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s
より高額な保険金を回収するためには、弁護士を活用しましょう。加害者側との交通事故の示談交渉は、多くの場合、加害者側の保険会社との交渉になります。冒頭にも記述したとおり、保険会社は示談交渉のプロです。示談交渉を弁護士に依頼しましょう。

弁護士に依頼することで慰謝料などの損害賠償金が弁護士規準(赤本規準)となり、裁判を起こす前提で示談交渉をしてくれますので、弁護士に相談することで損害賠償額の増額が見込めます。

弁護士に依頼すると費用が心配

159c79f8c2797faaef8f1c3654365f1a_s
弁護士に依頼する場合は被害者側の任意保険の内容を確認してみましょう。任意保険に弁護士費用特約という特約が付加されていれば、その特約を活用しましょう。

もし弁護士費用特約が付加されていない場合でも、着手金がない完全成功報酬型の弁護士事務所も多くあり、示談金などの損害賠償額が受け取ってから、その割合に応じて弁護士費用を支払えば良いのです。

まとめ

弁護士に示談交渉を依頼する場合は、事前に費用について明確にしてくれる弁護士事務所に依頼すると安心です。そして何より大切なのは、交通事故の示談交渉や裁判の実績が豊富で、交通事故を得意分野とする弁護士に依頼することです。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です