cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

【交通事故被害者】過失ゼロの時、保険会社は示談交渉ができない

交通事故被害者になった時、示談交渉はすべて保険会社にお任せできると思っていませんか。被害者側の過失責任が0の場合、保険会社は示談交渉することができません。あなたに代わって示談交渉ができる交通事故に強い弁護士に依頼しましょう。

なぜ保険会社が示談交渉できないのか

自動車の任意保険には示談代行サービスがついている場合がほとんどで、万が一の交通事故二遭遇した時は、保険会社が契約者に代わって示談交渉を行います。

しかし、契約者にまったく過失責任がない被害者だった場合、契約している保険会社は相手方に損害賠償金を支払う必要がありません。保険会社に金銭的な利害関係がない場合、被害者側の保険会社が加害者側との示談交渉を行うと、弁護士法に抵触してしまいます。

つまり、契約者が「もらい事故」の被害者になり過失責任がまったくない場合は、保険会社は、示談代行をすることができないのです。

被害者が自身で、加害者側の保険会社と示談交渉するのは困難です

910ca8634b36fe6048b2bdebdf987be6_s
加害者側が任意保険に未加入で賠償金の支払いを受けられない、加害者側の保険会社の都合で示談交渉が進んでしまい納得できる損害賠償金が得られない、という場合もあるかもしれません。

また、加害者側に悪意はなくても、加害者側の提示してきた賠償金が妥当な額かどうか判断できない、法律知識がなく示談交渉の進め方かわからなかったりすることもあります。

このような場合は、示談交渉を弁護士に代行してもらいましょう。

弁護士費用等補償特約について

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s
もしも交通事故の被害者になってしまった時は、自身が契約している任意保険を確認してみてください。弁護士費用特約が付加されているのであれば、弁護士にかかる費用は保険金で支払えます。

迷わず交通事故に強い弁護士に相談しましょう。交通事故は自分に過失がなくとも、もらい事故のように遭遇してしまうものなのです。

まとめ

ほとんどの場合、交通事故の被害者が示談交渉をする場合、その交渉相手は加害者側の保険会社になります。保険会社は示談交渉のプロです。納得のいく損害賠償金を受け取るためにも、自身の保険に弁護士費用特約を付加させることを検討してみましょう。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です