48031e1d56b0518c85236a438654a68e_s

【後遺障害認定】相談先選びで失敗しないためのポイント

交通事故に遭遇し被害者になった際に、相談する相手によって事後処理の内容は大きく変わります。相談先選びで失敗しないよう、知識として身につけたほうが良いことをまとめました。

後遺障害認定の重要性

交通事故で後遺障害が残った場合、正当な保障を得るためには、自賠責保険での後遺障害等級認定が最重要となります。

後遺障害が残っていたとしても、後遺障害等級認定を受けていない場合、損害賠償請求時に後遺障害による慰謝料などを請求しても認められないでしょう。

よって、交通事故に遭遇し後遺障害が残りそうな場合は、自賠責保険の後遺障害等級認定をいかに適切に受けるかが、最優先で考えるべき事項になります。

弁護士であればすべてお任せできます

df1871329d04faec8f8f8e3721f9a23c_s
弁護士は損害賠償請求において、示談交渉や裁判の際にすべて代行してくれるため、交通事故に強い弁護士事務所に依頼すれば、被害者家族の負担も軽減されます。

ただし、弁護士事務所によっては、自賠責保険による後遺障害等級認定を重要視していないケースもあるようです。また、後遺障害申請をしてくれても、被害者側が納得できる結果が得られないこともあります。

弁護士に後遺障害等級認定手続きも依頼するのであれば、より賢い弁護士選びが重要になります。

弁護士選びのポイント

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s
一口に弁護士と言っても、その得意分野は様々です。

弁護士事務所にとって交通事故の案件は、高額な報酬が期待できるので、多くの弁護士事務所で引き受けてくれます。しかし中にはほとんど交通事故の案件を取り扱ったことがない弁護士事務所も存在します。

過去の実績を見極め、交通事故の示談交渉や裁判の実績が豊富な弁護士事務所を選ぶように心がけましょう。

まとめ

インターネットを検索していると、多くの弁護士事務所が見つかります。どこのホームページも同じようなことが書いてあり、その中から選ぶことは大変です。弁護士事務所は無料相談などを利用して、ここなら安心して示談交渉や裁判を任せることができると判断したところを選択しましょう。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です