4dc06ef42399551a01436acd0f6e080b_s

交通事故の賢い示談方法

慰謝料の相場

示談を成立させるために、被害者側が加害者から受け取るお金の全額が示談金です。 慰謝料というのは、怪我などにより被害者が受けた精神的苦痛に対する補償金で、示談金の一部になります。

交通事故の慰謝料には過去の実例の積み重ねから産出される、相場と存在します。

ただし、慰謝料の相場自賠責基準、加害者側の保険会社が判断する任意保険基準、弁護士などが過去の判例などから示す裁判所(弁護士)基準とあり、それぞれの基準の間では相当な開きがあります。

もっとも相場で高いのが裁判所(弁護士)基準で、弁護士はこの基準によって示談交渉してくれます。

弁護士への依頼方法

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s
日本ではほとんどの弁護士、司法書士が交通事故の相談を無料で行っています。まずは無料相談してもらいましょう。

この弁護士が任せることができると思ったら依頼の意志を伝えましょう。契約書や保険会社などの対応をアドバイスしてくれます。

弁護士費用は決して安いものではありませんが、もし自身の任意保険に弁護士費用特約付帯がされている場合は、その特約を利用しましょう。

弁護士に依頼するのは大げさではない

1ae7df0208e50ceb8f847688cda8f151_s
最近は、弁護士の相談初回料金は無料になりつつあります。土日も開いている事務所が増加傾向で、非常に相談しやすくなりました。

また、交通事故については、裁判になるケースは稀で、ほとんどの案件が示談交渉で終了します。示談交渉は弁護士にお願いして、自身の治療に専念とするためにも保険に弁護士費用特約は存在します。

まとめ

賢い示談方法とは、自身の人保険に付帯されている弁護士費用特約を使って、弁護士に示談交渉を代行してもらうことです。仮に弁護士費用特約がなくても無料相談や成功報酬型の弁護士事務所などを利用して、示談交渉は専門家にお任せするのがおすすめです。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です