43b32e8fe72b5a51d1628d9bcb60cc4a_s

交通事故の被害者になってしまったら交通事故の被害者になってしまったら

交通事故の当事者になった場合、ついついパニックに陥り、すべきことを怠りがちです。特に自身が被害者の場合、冷静に対処して示談交渉の際に損をしないように心がけましょう。

交通事故現場でまずすべきこと

まず事故車を動かせるようであれば、安全場所へ移動させましょう。

まず、加害者側の情報として、相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、相手方の勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先などについて確認します。

そして警察には必ず連絡します。警察が到着したら加害者側と被害者側両者から届け出を提出します。

交通事故のときは気が動転しているかもしれませんが、通行人など交通事故の目撃者がいる場合、協力を得て、証言を記録しましょう。氏名や連絡先を聞いておき、後日必要に応じて証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

また、事故現場の状況を写真などで記録しておくことも重要です。

自身の任意保険会社へ連絡しましょう

7e64359a02b45057d069c8e11239d29e_s

自身の任意保険会社へ連絡をして、保険会社の指示を仰ぎましょう。また、事故車が動かせない場合、最近の自動車保険はロードサービスが付帯していることが多いので、レッカー等を依頼してください。ロードサービスは保険ではありませんので次回更新時の等級には影響しません。

保険会社のサービス拠点が遠距離の場合は、提携するロードサービスや修理工場近くにあるか、確認してください。

病院にて医師の診断を受けましょう

e610d75379ca202753a9b85cab6b0730_s
交通事故の治療には医師の診断が必要になります。速やかに診察を受け、診断書を書いてもらうようにしましょう。ケガの程度によりますが、一定期間は通院もしくは入院することとなります。

まとめ

その後、加害者側との示談交渉を行うこととなりますが、ほとんどの場合加害者側の保険会社との交渉となります。その際に交渉が不利にならないように、できるだけ記録は残しておきましょう。

また、交渉相手である加害者側の保険会社は、示談交渉のプロです。不安がある場合は、弁護士などの専門家に相談してみるのも良いでしょう。

投稿者: kawata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です